医療従事者感謝寄付付き地域貢献型看板
贈呈式

※画像をクリックすると拡大表示されます。

第1回 寄付金贈呈式

2020年8月24日(月)13:30より北海道庁本庁舎3階 副知事応接室にて「エールを北の医療へ!」への寄付金贈呈式が開催されました。
新北海道スタイル安心宣言の趣旨に賛同いただいた、協賛企業・団体30社、累計370,800円を北海道を通じ、医療従事者の皆様へ寄付いたしました。


【北電興業株式会社 取締役社長 恩村裕之のコメント】

 本日は土屋副知事におかれましては公務大変ご多用の中、このような場を設けていただき、誠にありがとうございます。
 私どもでは新型コロナウイルス感染症拡大防止に向け、北海道の取組であります「新北海道スタイル」安心宣言の定着を目的に医療従事者の皆様へ感謝の意を込めた寄付金付きの地域貢献型看板と車両ステッカーの取扱いを6月から開始いたしました。
 道庁様をはじめ後援いただいた各団体の皆様のご支援・ご協力などもあり、本取組の趣旨に多数の企業・団体様からご賛同いただきました。本日は8月までに設置できた看板とお納めした車両ステッカーの広告主様30社分として370,800円を寄付させていただきました。
 また、北海道様が呼び掛けております「北海道コロナ通知システム」の浸透・定着にもお手伝いさせていただきました。重ねて御礼申し上げます。
 国難とも言える新型コロナウイルス感染拡大といった状況の中、弊社の事業が社会のお役に立ち、道民の皆様の安心・安全に繋がる事に誇りと喜びを感じております。
 引き続き、「新北海道スタイル」の普及・啓発に向けて、微力ではありますが精一杯取り組んでまいります。
 今後、1日でも早く道民の皆様が安心して日常生活や企業活動を営むことができる状況になります事を切に願います。 
  • 目録贈呈の様子
  • 向かって右側)北海道副知事 土屋俊亮 様
    向かって左側)北電興業株式会社 取締役社長 恩村裕之
  • 懇談風景(1)
  • 懇談風景(2)